スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下校風景

多摩川土手高校生

以前グループ展のDMに使用しました
おきにいりの写真です。
季節は確か6月。のんびりお散歩気持ち良さそうです。
スポンサーサイト

僕の生まれる前のスタジオ

昔スタジオ
今のスタジオは2000年に立ち退きで立て直したもの。
それまでは三原駅の北、三原城のお堀端にとんがり帽子の屋根の可愛いスタジオでした。
そのスタジオの初期の写真です。
戦前?戦後?私にはよくわかりません。
北向きに大きな窓があけてあり、光を取り込んで撮影。
今でもこういうスタジオに憧れます。
今でこそ写真館はストロボ撮影が主流ですが昔は自然光で撮るほうが上等だったと聞きました
ちなみにこのスタジオ、台風でガラスが吹き飛ばされてしまい大変なことになったので改修したそうです。
見れば見るほど面白い写真です。

桟橋

ノルウエー岬1
ノルウエーの湖。
静かに時間が流れています。

食べ物日記もアップしてほしいとのリクエストがありました

だいちゃんのたこやき
とりあえずネタができたら更新しようとは思います。
というわけで昨日済んでる三原近辺で有名(?)なたこ焼きを紹介。
えーっとかなーりへんぴなところに有ります。名前は「だいちゃん」
車が無いと行けません。
でもひっきりなしにお客さんが来ます。
これで300円。お得です。
まあそれよりなによりうまいんですよ。
最近の築地銀ダコとかに代表される最後に油ぶっかけてぱりっとさせるたこ焼きはどうも苦手って方におすすめ。生地にしっかり出汁が効いていてそこにさっぱり目のソースが絡んでうまい。生地に刻み込まれたキャベツと紅ショウガが良いアクセントになっていくらでも食べられる感じです。
書いててまた食べたくなってきました。

連作です

ノルウエーオスロ市内
10年以上前ですがノルウエーに仕事で行きました。
あんまり人に見せてない写真です。
ぼちぼちアップしていこうと思います。
オリジナルは35mmのポジです。
スキャンしてトリミングしてみました。
ノルウエー語、ちょっと変わってます。
ほら、手前のカフェの文字「KAFE」でしょ。

過去の受賞作など

Okinawa Wedding1
2008年日本写真館賞入選
まあ入選ですから。ぼちぼちです。
でもお気に入りの1枚。
あらためましておめでとね。
お子さんの写真もとらなきゃね。

今日も嫁ちゃん写真です

えりこ玄関
これは10月の午後2時頃。
こんな光が玄関周辺に入ってきます。
奇麗な光そのまんまです。

2002年の12月

えりこenjoy yourserf
2003年の年賀状用にと撮りおろした写真
懐かしいです。結局使わずにお蔵入りでした。

鶴橋で買ったケジャン

ケジャン01

これ、生で食べていい物かって毎回悩む。
うまいからまあ食べるんですけどね。
殻は煮だしてスープとって鍋作りました。うまかった。

(写真)からさわのベンチ

尾道からさわベンチ
去年の春の尾道。
少し肌寒くってからさわのアイスクリームには少し早い季節だったけどベンチに座って食べました。

暗澹倶楽部

とりあえず食べ歩きカテゴリを作ってみました

という訳で記念すべき1回目
広島県福山市の駅近辺にある自称フランス定食屋さん「暗澹倶楽部』
安くてうまく、丁寧な料理が食べられます。
僕はこの店のお店の空気感が大好きなんですよ。
気になる方は適当に調べて行ってみてくださいな。
写真はお店にプレゼント用ということで作ったので少し絵画風に加工してみました。
いかがでしょ?
antan

某写真館サイトで使ってる写真です。

画像アップテストです

スタジオのイメージ写真です

4×5のカメラ最近使ってないなぁ。
いかんいかん!!!
作品撮りでもいいからつかわないと腕が鈍る。
ついでにフイルムの期限も切れそうだしね(笑)

さて何撮ろうかな?


プロフィール
写真の無断転用を固く禁じます。 でないと気軽に写真貼れないのでなにとぞご理解を。

吉原 章典

Author:吉原 章典
広島県の三原市で写真館の六代目兼フリーカメラマンやってます。
「吉原写場」
Facebookやってます">Facebookやってます

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
欲しい?カメラ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。